二十四節気と七十二候について解説します!

二十四節気_七十二候カレンダー豆知識

1年を24に分けた“二十四節気”と、さらに72に分けた“七十二候”は、古くから日本で親しまれてきた季節を表す言葉。

四季折々の変化や気象の動き、さらには動植物の変化までを知らせる言葉になっています。

さて、この記事では、

  • 二十四節気と七十二候ってそもそも何?
  • 二十四節気と七十二候には、どのような意味があるの?

などについて解説します。

二十四節気と七十二候とは?

二十四節気_七十二候_とは

以下では、二十四節気と七十二候が何なのかということについて解説していきます。

 二十四節気

カレンダーを見ていると、ときどき“立春”とか”啓蟄”というような漢字2文字が目に止まることはありませんか? これらは二十四節気の一つ。

地球は太陽を中心にして1年をかけて1周していますが、その位置によって気温は変化します。この軌道を24等分して約15日ごとに分けた季節が二十四節気。

昔は、この二十四節気をもとに種まきや収穫などスケジュールを立てていたほど重要視されていました。

 七十二候

二十四節気は約半月ごとの季節の変化を表しますが、これをさらに3分割したものが七十二候です。動植物や気象の変化を表す短文になっているのが特徴です。

例えば、七十二候の1つである「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」はその名前の通り、初夏にカエルが鳴き始める頃を表しています。

二十四節気と七十二候をそれぞれご紹介

二十四節気_七十二候_詳細

二十四節気と七十二候のすべてを簡単にご紹介。それぞれ2月初旬から順を追って説明しています。

二十四節気 一覧

立春

まだまだ寒いとはいえ、気温が緩み、春の気配を感じるころ。

雨水

冬が明け雪や氷の季節が終わると、次は水の季節。

啓蟄

生き物たちが冬の眠りから目を覚ます蠢きを感じられる時期。

春分

少しずつ昼の時間が夜に比べて長くなり、春分を境に逆転します。

清明

4/4~4/19。花が咲き誇る時期。

穀雨

穀物にとっては恵みとなる雨が降り注ぎます。

立夏

晴れの日が多く、爽やかな風と陽の光が気持ちいい時期。

小満

陽の光は明るく、草木は緑を深める時期。

芒種

6/5~6/20。梅雨が始まります。

夏至

1年で昼の時間が最も長いころ。夏の入り口。

小暑

梅雨が明けて気温が高まり、本格的な夏の到来。

大暑

暑さが厳しい、夏真っ盛りというべき時期。

立秋

暦上は秋。

処暑

夏の暑さが和らぐ、季節の変わり目。

白露

夏には見られなかった朝露が、白く輝く時期。

秋分

昼と夜の時間がほとんど同じになるころ。

寒露

朝晩の冷え込みが強まり、草木には朝露が輝く時期。

霜降

秋も終盤に差し掛かり、朝露は霜に変わる時期。

立冬

少しずつ気温が下がり始める、冬の入り口ともいうべき時期。

小雪

北国や山間部ではもう雪。

大雪

平地でも雪が降り、冬に。

冬至

冬至は一年で最も昼の時間が短くなる時期。

小寒

1/5~1/19。本格的な冬。

大寒

春は目前ですが、気温は低く寒さを極める時期。

七十二候 一覧

東風解凍

冬に凍った分厚い氷が春風(東風)に吹かれて薄くなっていくころ。

黄鴬睍睆

ウグイスの「ホーホケキョ」という鳴き声が聞こえ始めるころ。

魚上氷

温かくなり薄くなった氷の割れ目から、魚が飛び跳ねるころ。

土脉潤起

雪は雨に変わり凍った地面も溶け出します。土が潤うころ。

霞始靆

山が霞を幻想的にまといます。「霞」は春の季語。

草木萌動

「萌」は草木が芽を出すの意。待ちに待った春の始まり。

蟄虫啓戸

冬の間、地中にこもっていた虫たちが戸を開けたように地上に出てくるころ。

桃始笑

桃の花が咲き始めます。「笑」は「咲く」の意。

菜虫化蝶

「菜虫」は青虫。蝶になり羽ばたき始めるころ。

雀始巣

雀が巣をつくり始めるころ。

桜始開

桜が咲き始めます。

雷乃発声

季節の変わり目で大気が不安定になり、春雷がとどろくころ。

玄鳥至

軒下に巣を作ることで知られるツバメが渡ってきます。

鴻雁北

冬を日本で過ごした雁が、北の大地へ飛び立ちます。

虹始見

雨上がりの虹が、春の柔らかい光を映し出すころ。

葭始生

「葭」は植物の葦のこと。水辺の葦が芽を出しはじめるころ。

霜止出苗

このころには霜が降りなくなり、稲が元気に成長します。

牡丹華

牡丹(ボタン)が大きな花を咲かせるころ。

蛙始鳴

カエルが田んぼで「ケロケロ」と鳴いているのが聞こえます。

蚯蚓出

地中に隠れて冬を乗り越えたミミズが、活動を始めるころ。

竹笋生

土のなかからタケノコが顔を出します。

蚕起食桑

蚕が卵から孵化し、盛んに桑の葉をかじります。

紅花栄

紅花が咲き始めます。咲き始めのこのころはまだ黄色い花。

麦秋至

麦が収穫期を迎えます。

蟷螂生

カマキリが一斉に卵から孵化し、餌を求めて動き回ります。

腐草為螢

夜になると蛍が飛び交います。

梅子黄

青かった梅の実が黄色く色づくころ。

乃東枯

紫色の花「靫草 (うつぼくさ)」が枯れるころ。冬至に咲く珍しい花。

菖蒲華

水辺に花菖蒲がきれいな紫色の花を咲かせます。

半夏生

「半夏」という不思議な形をした草が見つけられます。

温風至

熱い風が吹き、日ごとに気温が高まります。

蓮始開

蓮の花が咲き始めます。

鷹乃学習

鷹のヒナはだんだん飛ぶのがうまくなり、次々に巣立っていきます。

桐始結花

桐が花をつけ始めるころ。

土潤溽暑

日本の夏らしい蒸し暑さを感じるころ。

大雨時行

天高く立ち上る入道雲が、夕立を連れてきます。

涼風至

涼しくなり、秋の気配を感じます。

寒蝉鳴

ヒグラシが鳴き始めるころ。

蒙霧升降

朝の早い時間、山や湖に行くと霧が立ち込めている風景が見られます。

綿柎開

ワタが黄色い花をつけるころ。

天地始粛

夏の暑さが収まり、秋らしい涼しさを感じられる気温になります。

禾乃登

稲をはじめとした穀物が、豊かに実る季節。

草露白

朝晩と昼間の気温差が大きくなり、草に露がおります。

鶺鴒鳴

セキレイが鳴き始めるころ。

玄鳥去

春とともにやってきたツバメが、温かい場所を求めて移動を始めます。

雷乃収声

春から夏にかけては威勢のいい雷も、秋は収まります。

蟄虫坏戸

虫たちが寒さを敏感に感じ取り、冬に備えて土にこもるころ。

水始涸

稲の刈り入れのため、水を抜いて田んぼを乾かします。

鴻雁来

雁が冬を連れて北から渡ってきます。

菊花開

菊が花を咲かせるころ。

蟋蟀在戸

「蟋蟀」はコオロギのこと。秋の虫たちの合唱が聞こえます。

霜始降花

霜が降りるのを見て、いつの間にか冬が近づいているのだと気づきます。

霎時施

小雨が降ったと思ったらすぐに止む。時雨の季節。

楓蔦黄

楓や蔦の色が変わり、黄や赤が山々を鮮やかに彩ります。

山茶始開

山茶花(つばき)が咲く時期。

地始凍

寒さが一層厳しくなり、地面も凍り始めます。

金盞香

「金盞香」は水仙のこと。白い花びらをした上品な香りの花。

虹蔵不見

陽の光が弱くなり、雨上がりに虹が見えることも少なくなるころ。

朔風払葉

冷たい冬の風が吹くと、木の葉がかさかさと物悲しい音を立てます。

橘始黄

日本で古くから親しまれている橘の実が、黄色く色づくころ。

閉塞成冬

厚い雲が陽の光を閉ざし、寒さが本格化。

熊蟄穴

クマが冬ごもりのために穴に入っていくころ。

鱖魚群

サケが産卵のために海から川をのぼってくる光景が見られます。

乃東生

夏至には枯れた「靫草 (うつぼくさ)」はこのころに花を咲かせます。

麋角解

鹿の角が生え変わるころ。

雪下出麦

雪が降り積もる季節。麦は芽を出します。

芹乃栄

春の七草として知られるセリは、この時期によく育ちます。

水泉動

地中の氷が解け始めるころ。

雉始雊

雉が鳴き始めるころ。

款冬華

ふきのとうが雪の間から顔をのぞかせ、春の訪れを告げます。

水沢腹堅

1年で最も気温が下がるころ。

鶏始乳

鶏は本来、この時期から卵を産みます。

二十四節気や七十二候がわかる名入れカレンダーを作るなら

ここまでは二十四節気と七十二候についてお話ししてきました。

さて、当店・名入れカレンダー製作所は会社名やロゴがプリントされた名入れカレンダーを製作・販売をするECサイトです。

選んでいただけるカレンダーのなかには、今回紹介した二十四節気と七十二候がわかるカレンダーもラインナップしております。

ちょうどそんな商品を探していたという方は、一度当店を覗いてみてくださいね。