効果的な宣伝方法って?ユニークな宣伝とは?詳しく解説します!

効果的な宣伝方法_ユニークな宣伝 ノベルティ

商品やサービスを作る企業ならどんな企業でも、宣伝は必須です。どんな企業においても宣伝ひとつで売上や認知度などが変わるくらい重要です。きっとどんな宣伝方法にするかお悩みの方も多いでしょう。

どんな宣伝方法にするかお悩みの方のために、

  • 効果的な宣伝方法ってどんなもの?
  • 宣伝方法にはどれくらいの種類があるの?
  • 他の会社とは少し違うユニークな宣伝方法ってあるの?

といったことについて詳しく解説します。

宣伝方法の特徴を理解して、ターゲットや目的から適したものを選びましょう。

より効果的に宣伝するためには

効果的な宣伝方法_とは

効果的に宣伝するためには、具体的なターゲット層やそれぞれの宣伝の特徴を理解しておく必要があります。条件を一つひとつ確認しましょう。

明確なターゲット層を決める

「○○さん、28歳、IT企業勤務…」というように、実在する人かのようにターゲットを明確します。こうすることで、その人の悩みや生活スタイルを想像しやすくなり、効果的な宣伝方法を考えやすくなります。

以下の項目を決めると、ターゲットがより明確です。

●年齢

●性別

●居住地

●職業

●etc.

ターゲットによって用いる宣伝方法が変わるので、一番最初に確認しておきましょう。

それぞれの宣伝方法の特徴を理解しておく

宣伝方法によって、効果の出やすさや狙いやすいターゲットなどが異なります。

たとえば昼の時間帯のテレビCMなら、日中に家にいてテレビをつけている、主夫(婦)の人に見てもらえる確率が高くなります。ネット上の広告なら、若い世代にも見てもらえるでしょう。

宣伝方法のそれぞれの特徴を理解し、狙っているユーザーに届きやすい方法を選ぶことが、効果を上げるコツです。具体的な宣伝方法とその特徴はのちほど紹介します。

宣伝するうえでの注意点

宣伝する上での注意点をいくつか紹介します。

●いきなり全国ネットの宣伝をしない

いきなり全国向けに宣伝を打つと、広告費が膨大にかかります。はじめは○○県内のみ、というようにエリアを絞り、効果があるようなら範囲を拡大する、という方法がおすすめです。こうすることで宣伝が失敗した時のリスクが避けられますし、無駄がありません。

●PDCAのサイクルを回す

ターゲット層を決めたり宣伝方法の特徴を理解したりするのは、PDCAのP(Plan)に当たります。宣伝を実際に打ったら(Do)、宣伝する前と後を比較して宣伝効果を評価し(Check)、改善点を探し(Act)ましょう。PDCAを回しながら効果的な宣伝を探る、というイメージです。

宣伝方法の種類

宣伝方法_種類

宣伝方法の中でも代表的なものを3つ紹介します。

ネット広告

インターネットで検索する人は「好奇心を満たしたい!」や「悩みを解決したい…!」といった動機を強くもっています。たとえば「宣伝方法」というキーワードで検索する人は、宣伝方法に興味があったり宣伝方法についての悩みがあったりする人だと考えられます。そのような人に、悩みを解決してくれそうな商品を紹介できればクリックしてもらえる可能性が高いです。

特定のキーワードで検索されたときのみ、検索結果の最初のページに広告用のウェブサイトを表示できます。ネット広告は集客や成約につなげやすいという特徴があります。

もともと動機が強い人にピンポイントに広告を表示するので、効率がいい宣伝方法だとされています。

ホームページ、SNS、ブログ

インターネット上でユーザーと直接やり取りをすることも、SNSなら可能です。若い世代は特に利用率が高いため、効果的に宣伝できます。自社のアカウントをフォローしてくれている既存客だけでなく、新規顧客の獲得を狙えるのが特徴です。

たとえばハッシュタグをつけての投稿やいいね機能などを利用して、ユーザーを巻き込んだ企画も可能です。フォローしてくれている人が「いいね」や投稿をシェアしてくれれば、自社を全く知らない人にも存在を知ってもらえる可能性が高くなります。

メルマガ、アプリ       

通販サイトやネットショッピングなどで商品を購入する際にメルマガやアプリに自分のメールアドレスや個人情報を登録するとメールが届き、お得なクーポンや割引の情報などが記載されていることがあると思います。そういったメルマガやアプリで登録してくれたユーザーに対してダイレクトに自社の情報を届けることができます。コンテンツの内容や配信のタイミングなどを、自社でコントロールできるということもメリットです。

具体的には製品のセール情報を送るというのがよくあるパターンです。セールを機会に再び利用してもらうことを狙います。繰り返し利用してもらううちに、製品に愛着がわいたり自社のことを気に入ってファンになってもらえたりすれば、宣伝としては大成功です。

ただし初めに登録してもらうまでのハードルが高いので、どのような戦略で登録に結びつけるかがカギです。

ユニークな宣伝方法

ユニークな_宣伝方法

世の中には多くの宣伝があふれており、ユーザーも見慣れてしまっています。ユニークな宣伝方法で他社と差別化し、ユーザーの興味を引き付けましょう。

体験型

体験型の事例として、SNS上で行われたクイズ企画が挙げられます。クイズの答えをメッセージで送り、正解した人の中から抽選で景品がもらえるというものです。

このような何かに参加する体験型企画のメリットは、ユーザーの注目を集めやすいことです。クイズのようにエンターテインメント要素のある企画なら、参加するのが楽しそうでワクワクしますよね。面白そうだと思ってもらえればSNSで拡散してもらえる可能性も高くなります。

「面白い企画を考える企業だ」と思わせることで自社の親しみやすいイメージにもつなげられるので、効果的です。

応募型

条件を満たしてキャンペーンに応募してもらうことで、企業や商品の認知度を高めるための方法です。製品についているシールを集めてはがきで送るとプレゼントがもらえる、という企画もあります。

今はSNSで応募するものが一般的になりつつあります。「期間中に『#○○』をつけて投稿してくれた人の中から、抽選で○○をプレゼント!」のような投稿を見たことある人も多いでしょう。

SNS上で応募することで、既存の利用者だけでなく新規の人にも見てもらえる確率が高くなります。

狙うユーザーに合わせて宣伝方法を考える

「誰に向けているのか?」ということはどんな宣伝をする場合でも常に意識しましょう。繰り返しですが、狙うユーザーによって効果的な宣伝方法は異なります。

たとえばショッピングセンターでの体験型イベントは、子供連れのファミリーを対象にするなら効果的ですが、独身の人を呼び込むにはハードルが高いかもしれません。

ユニークな企画に応用するためにも、ユーザーに合わせるという基本は把握しておく必要があります。   

手土産という選択肢

手土産_選択肢

先ほどまではインターネットやSNSなどのオンラインでの集客を主にご紹介しました。オンラインが影響力を強めているのは事実ですが、直に会いに行ったりインターネットなどを使わずに手土産などを渡したりするオフラインでの宣伝もまだまだ効果的です。

オフライン回帰が起こる

インターネットのようなオンラインの世界では毎日目まぐるしく情報が行き来しています。処理しきれないほどですので「SNS疲れ」というように、疲弊してしまう人もいるでしょう。そんな中、ネットよりも狭く、緩やかなオフラインでのつながりの温かさが再確認されつつあります。

相手の声の調子、表情、息遣い、視線…オフラインの対人場面には、オンラインでは感じられない人の温かさが感じられます。心を込めたやり取りには、オフラインを取り入れたいものです。

宣伝の方法としても、オフラインはいまだ健在です。ユーザー層の違いなどから、オンラインがいいのかオフラインがいいのか、検討してみてください。

直接会う際にできる宣伝方法を

特に企業を相手に宣伝をするなら、顔を合わせての営業やあいさつ回りなどの機会があるでしょう。これを宣伝のチャンスととらえましょう。おすすめの方法は手土産です。

たとえば、代表的な手土産に名入れカレンダーがあります。企業の名前が入ったカレンダーで、販売促進のために配られるノベルティの一種です。カレンダーはどの企業でも毎日見るものなので、無意識のうちに自社の名前を覚えててもらえる、という宣伝効果があります。

実用性のある手土産なら喜んで使ってもらえるため、長期的な宣伝効果を期待できます。そのうえ「気配りのできる企業!」という印象を与えることも可能です。

コメント